発達障害の子でもサポートしてくれる高校はあるのか?

はい。あります。
発達障害の子でもちゃんとサポートしてくれ、そして高校卒業までしっかりと面倒を見てくれる高校はあります。
私が調べた中でよさげなところを2つほど紹介させてください。

 

星槎高等学校

一つ目は
ここ星槎国際高等学校になります
この星槎グループでは発達障害等の問題にいち早く取り組みいろいろな研究や勉強会、大学では発達障害に関しての講義も行っているところです。ATTだったり、SSTだったりここに合わせた形の教育をしています。

 

よって発達障害のお子様についてはどこよりも理解があり安心して任せられる高校だと思います。

 

 

 

 

湘南国際学院

二つ目はサポート校になってしまうのですが、神奈川県の横須賀エリアを中心に展開をしている湘南国際学院です。
ここではどの校舎でも少人数制を取っており、本校である横須賀校では1学年10名まで、藤沢校では1学年3名まで最大でも9名以上は入学させないといった徹底ぶり。

 

この学院長は発達障害のお子さまとは数十年付き合っており、まずは周りがその子を認めてあげること、学生までは学校そして親が責任をもってあげることが大事ということをもっとうに、一人一人きめ細やかなサポートをしている団体になります。

 

 

え~神奈川県内ばっかじゃんと思われた方すみません。私が神奈川県に住んでいるためです。でもきっと他の地域でもきちっとサポートしてくれる高校やサポート校はきっとあるはずなので、調べてみてくださいね。

 

=>通信制高校やサポート校の資料を無料で一括請求できるサイトはこちらです。

 

うちの子は発達障害なんだけど大丈夫??と心配されている方へ

 

発達障害だからと言って心配する必要はありません。要は発達障害ということを認知、理解してくれる場所を探せばいいのです。もちろん中にはめんどくさがるようなところもあると思いますが、きちっとサポートしてくれる場所もあります。

 

ちょっと脱線してしまうかもしれませんが、目の悪い人にとって眼鏡は欠かすことができないサポート用品だと思います。
今眼鏡をかけているからって、うしろめたさを感じる方はいらっしゃいますか?

 

そんな人はいないと思います。ファッションでかける方もいるくらいですから、、、

 

発達障害だからと言ってうしろめたさを感じることなんて全くないんです。進学する高校が眼鏡の役割をきちっとしてくれればいいんですから・・・

 

サポート校や通信制を選ぶ際のポイント

発達障害への理解があるかどうか?

 

=>学校の資料を取り寄せてみて、具体的なことの記載がなかったら直接ストレートに聞いてしまいましょう。
うちの子は発達障害なんですが大丈夫ですか?という感じに。
ちゃんと考えてくれるところは、誠意をもって答えてくれますよ。

 

少人数制であるかどうか?

 

=>上記の部分とすこしかぶってしまいますが、やっぱり大事なのは少人数制であること。少人数制=面倒見がよいと思っていいと思います。
例を挙げてみますが、神奈川県にある公立の通信制では一クラス40名以上。授業ごとに大移動だそうです。そのような場所だとだんだん高校に行かなくなってしまうと思います。

 

柔軟に対応してくれるかどうか?

 

=>発達障害に限らず、不登校のお子様でよくありがちなのが昼夜逆転。夜起きて、朝に寝てしまうので当然学校に行くことはできないですよね。
上記に紹介した湘南国際学院ではそんな昼夜逆転しているお子様のために教室を朝の6時30から明けているという話を聞きました。
要するに寝ちゃう前に学校に来なさいってことになりますよね。
これはあくまでも一例ですが、このような柔軟に対応してくれるところも重要なポイントの一つだと思います。

 

やっぱり一括資料請求が便利です。

数あるサポート校、通信制高校に電話をしたり、メールしたりするにはやっぱり大変ですよね。
各校では間違いなく特色が違いますから・・・たくさんの高校をみて比べたいと思います。

 

そこで便利なのが一括資料請求です。それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!
今すぐ一括資料請求をしたいい方はこちら。
スクール一覧

 

資料請求して気に入ったスクールがあったら見学は絶対に忘れないでくださいね♪

 

更新履歴